コストを削減する|しっかり身につけたビジネスマナーが身を救う|社員の成長

しっかり身につけたビジネスマナーが身を救う|社員の成長

男女

コストを削減する

手

企業の福利厚生の一貫として、病院内保育や事業所内保育は非常に重要なものになっています。これは、働く側にとっても嬉しいサービスの一つですし企業側にとっても、非常に大きなメリットが沢山あるため、現在では様々な企業に導入されるようになっているのです。そんな病院内保育のメリットの一つにコストの削減があります。そうしたサービスを導入する事によって、コストが新たに発生するといったことが考えられますが、発生するコストに対して、得られるメリットの方が大きいため、導入されるのです。削減することが出来るコストの内容というのが、人材採用にかかるコストと、人材育成にかかるコストです。病院内保育がない場合、出産した女性がそのまま離職してしまう事は珍しくありません。そうなってしまうと、新しく人材を雇い入れて、失った分の戦力を補う必要が出てきます。そのため、人材採用にかかるコストが発生するわけです。そして、そうした人材の採用にコストがかかるだけでなく、採用した人を離職した人程度の戦力になるまで育成することではじめて、マイナスだった分をゼロにすることが出来るわけです。もちろん、人によって仕事力は違っているため、新しく雇った人が離職した人よりも仕事力が劣っている場合には、どれだけ育成をしても離職した人以上の働きを期待することが出来なくなってしまうわけです。また、人材の育成には長い時間がかかるケースもあります。それ故に、離職率を下げる事によって、離職者がでた際に発生してしまうコストを引き下げる事につながっているのです。