営業社員の研修|しっかり身につけたビジネスマナーが身を救う|社員の成長

しっかり身につけたビジネスマナーが身を救う|社員の成長

男女

営業社員の研修

男の人

企業の課題となる営業人材

優れた技術力や商品を持っていたとしても、それを社外に広めて利益を生み出すことができないことには企業としては利益を生み出すことはできません。 営利事業をするからには、営業は企業にとって不可欠なことといえます。 しかし営業人材の育成に課題を抱えている企業はとても多くなっています。 社内で時間をかけて指導を重ねることができれば理想的なのですが、個々に仕事を抱えてしまっていてなかなか営業の指導にまで行き届かないことがあります。 せっかくの新卒のこれからという人材をきちんと育成できずに十分に力を発揮できるように成長させることができないのは大きな損失といえるでしょう。 最悪のケースでは、仕事のやり方すらわからないままに契約のノルマだけを押し付ける形になってしまっている場合すらあるはずです。

人材の育成の研修をする

なかなか営業社員は外勤の時間も多く、勤務時間で管理するというよりも、営業の成績で評価するほうがわかりやすいのは確かです。 しかしその前提となるのは、きちんとした人材育成がなされているということでしょう。 ただノルマや数字を求められては、仕事としてつらいものがありますし、離職の原因につながりやすいことでしょう。 営業社員の育成のために外部の専門の知識を持ったコンサルタントの支援を受け入れることも検討しましょう。 仕事としての基本的なマナーや相手の心理についてや、データの分析や管理など具体的にどのような方法をすることで数字につながるかを教えてもらうようにするといいでしょう。 入社してから間もない、まだ真っ白な段階に研修をすると、そのやり方が基本として身につくのでとても効果があります。